筑紫野市の紫プロジェクトについて

当社は筑紫野市の紫プロジェクトに参加しております。

「紫プロジェクト」とは筑紫野市のシンボルカラーである紫をキーワードにした地域振興・活性化に取り組む活動の名称です。

 

かつて筑紫野市の地には紫草<ムラサキ>という名前の植物がたくさん自生していました。それに由来して筑紫野市の名前がついたともいわれています。

 

紫草は白く可憐な花を咲かせます。その根から採れる紫の染料は大変貴重なもので、大宰府を通じて税の代わりに奈良の都に納められ、身分制度最高位の紫染料に使われていたという歴史があります。

 

紫根色は手に入れるのが難しい一方で薬としても重用されています。
また紫色には癒しの効果があり、”此の糸”と書くように縁結ぶ色としても大変魅力のある色です。

 

筑紫野市商工会ではこの紫草の栽培に取り組む一方、身近な紫黒米や茄子、紫芋、ブルーベリー等を使った地域の特産品づくり、つるむらさきを栽培してのエコカーテンを普及させる活動等を行っています。
皆さんもそれらを積極的に生活に取り込むとともに、紫色を身近に楽しみながら「紫プロジェクト」に参加してみませんか?

 

 

詳しくは小野建設有限会社にお問い合わせください。

 

 

小野建設有限会社
〒818-0003 福岡県筑紫野市山家372
Tel:092-926-1831 Fax:092-926-3777
(社長携帯:090-3733-5994)

代表取締役  小野 康幸